神戸市立須磨海浜水族園

2.5 2.52件の口コミがあります

大型水族館の先駆け的存在

神戸市立須磨海浜水族園写真1 1957年5月10日に神戸市立須磨水族館として開園(1968年までは交通局の所管だった)。1987年、旧施設に代わり現在の建物施設が開業、同時に現在の名称になった。現在の施設は後に多く誕生する大型水族館の嚆矢となった。

1987年に記録した年間入場者数240万人は、当時の日本記録である(葛西臨海水族園1990年:355万人、海遊館1991年:450万人)。

2008年1月10日から2月29日の間、サメやウミガメ等が泳ぐ「波の大水槽」の前にこたつ3卓を設置、暖をとりながら鑑賞するという、ユニークなサービスを行った[1][2]。

長崎大学水産学部のある教授の協力により、当水族館でマングローブキリフィッシュ(脊椎動物で唯一自家受精をする魚)を展示している。また、各地から大学生のインターンシップもよく受け入れている。

平成21年度までは財団法人神戸国際観光コンベンション協会が管理運営を行っていたが、指定管理者制度の導入により管理者の公募が行われ、平成22年度から4年間の指定管理者としてウエスコ・名鉄インプレス・アクアート特定業務共同事業体が選定された。園長を公募し、亀崎直樹が選ばれた。平成25年に前述3社と神戸国際観光コンベンション協会が共同で新たな共同事業体を設立し、運営を行ってきたが、令和2年度より、再整備事業の優先交渉権者であるグランビスタ ホテル&リゾートが指定管理者として運営を行っている。

須磨海岸一帯はみなとオアシスの登録をしていて、当施設はみなとオアシス須磨の構成施設の一つである。
神戸市立須磨海浜水族園写真2

近畿
〒- 兵庫県 神戸市須磨区 若宮町1-3-5
AM9:00~PM5:00
水曜

078 - 731 - 7301

JR・山電須磨駅、JR・地下鉄新長田駅から市バス81系統で須磨水族園下車すぐ

▲▲▲ 水族館・動物園の予約ならコチラで ▲▲▲

サイト内を検索